「どうして冬はむくみやすいの?」日頃から取り入れたい”むくみ対策”

12月に入り日に日に寒さが厳しく冬らしくなってきました。コートやダウン、いつから着てもおかしくないかな?とか迷いながら家を出る前に指輪をはめると「あれ?なんかきつい・・・」朝起きて顔を洗おうと思ったら「なんだか顔がむくんでる・・・」 寒くなってくると顔や指、足などにもむくみを感じる方も少なくないと思います。 冬になるとどうして体がむくむのでしょう。 ①運動不足 寒くなる冬は夏に比べて運動不足になりがち。実はむくみは筋肉の動きも大きく関わっています。筋肉には縮小・収縮・弛緩を繰り返すことで手足の血液を心臓に戻すポンプのような働きがあります。この作用が弱くなると心臓に血液が戻りにくくなり血行が悪くなるためむくみを引き起こしてしまいます。オフィスワークなどで長時間座っていて下半身がむくんでしまうのはそのためです。 ②寒さによる血行不良 冬のむくみは冷えと直結しています。冷え性の人は、血の巡りが悪くなっているので、体内の水分の巡りも悪くなっています。体の水分が血液中から漏れ出して、細胞間にたまってしまうとそれがむくみとなって現れます。心臓から離れた下半身は特にむくみが出やすい場所です。冷えによるむくみの解消にはまず体を冷やさないことはもちろんですが、リンパやふくらはぎのマッサージを取り入れるのもオススメ。 ③水分不足 むくみは「水分の取りすぎ」と思われている方もいますが、実はその反対。水分を摂らずにいると、トイレにいく回数も減る上、塩分の高い食事をしていると体が水分を蓄積してむくみやすい体質になります。 むくみの改善方法は? ご紹介した通り、むくみには主に「冷え」「運動不足」「水分不足」の3つへの対策する必要があります。実はこの3つは生活している上ではとても密接な関係にあります。では、具体的な改善方法は・・・ ・体を温める ー湯船に浸かる シャワーだけで済まさず、できるだけ湯船に浸かって体が温めるましょう。そうすることで代謝は上がりやすくなります。さらに、好きな香りの入浴剤などを使ったバスタイムにすると、精神的にも癒やされますね。特に冬の場合、体が冷え切った状態で布団に入っても、睡眠の質を上げることが難しくなります。そのためにも湯船に浸かって、体の芯から温めると快眠を得られやすくなります。 ーカイロを使う 使い捨てカイロをうまく使って体を温めるのも、簡単な方法でおすすめです。 ○下腹部(おへそから少し下)に貼ると、体全体が温まります。○腰部分(お尻の上)に貼ると、下半身が温まります。 ・水分補給 水分不足からむくみを引き起こしているケースもあります。体は水分不足を感じると水分を体に溜め込んでしまう傾向にあるからです。1日に理想とされる水分摂取量は、体重x30mlと言われています。むくまないためには飲んで流すこともとっても大切です。 水分を補うものとして以下の飲みものはオススメではありません。・コーヒーやお茶:カフェインや利尿作用があるので・ジュースや炭酸飲料:糖分の多い飲みもの お湯やお白湯など暖かいお水を飲むことで冷え対策にもなりますね。 ・定期的に体を動かす 仕事上デスクワークで座っている時間が長かったり、車や飛行機など長時間の移動で座りっぱなしになりがちな場合はとくに注意が必要です。一時間に1度くらいは立つことを心がけましょう。立ち上がって体を動かすことで、血液やリンパを流してあげることが重要です。どうしても体を動かせないような場合は足首を動かすだけでもふくらはぎの筋肉を動かすことができます。 むくみ対策は日頃のちょっとした心がけで出来てしまいます。健康維持にもつながりますので是非試してみてください。 Recommend Item

眠れない夜のためにできること4つ

「あ〜疲れた!」と思い、ベッドに入ってすぐに眠れると思っていたのにいざ寝ようと思うと全然眠れない・・・ 疲れているのに「あれはなんだったけ・・・?」「明日の予定は・・・」となかなか頭がお休みモードになってくれなかったり。 疲れている時に限って眠れないことってありますよね。 そうゆう時はどうしたら少しでも早く眠れるのでしょう。頭を休めてあげる方法をご紹介したいと思います。 眠りの前のリラックスタイムを持つ ネガティブな思考を繰り返してしまったり、忙しくてなかなか思考をスイッチオフできず眠れない時には、実際に寝ようと思う1時間ほど前にベッドに入るのはとても効果的。 ベッドに入らなくても、寝る前にリラックスタイムを持つことがとても大事だそう。忙しく働く現代人には1日を処理するために自分を評価してあげる時間はとても大切です。 リラクゼーション音楽を聴きながらアロマを焚いてみたり、好きな本や詩を朗読するとリラックス効果はとても高まります。 仕事が忙しかったり、子育てで時間がなかなか取れなくて1時間は取れないのであれば、自分の好きなことを2つだけ選びます。例えば「アロマを焚きながら音楽を聴く」「キャンドルを灯しながらハーブティを飲む」など 自分を労ってあげるのはとても大切なのです。 家族や友人、パートナとの大切な時間 大切な人とのコミュニケーションはとても大切。忙しく動き回っている我々の生活の中で、自分たちがなんのために一生懸命働いているのかをきちんと評価するのはとても重要なことです。忙しくて自分を評価する時間が持てずにいると、思考がネガティブになったり怒りっぽくなる原因になります。大切な家族や友人、パートナーの話を聞いたりきいてもらったりすることは人生の幸福度にも関係してくるのです。1日に1回でも、家族が一緒に食事をして会話ができる時間を設けるのはとても大切ですね。 物理的に頭を冷やしてみる 考えすぎたり、心がざわざわして眠れない時には物理的に頭を冷やしてみるのも効果的だそう。保冷剤などをハンカチに包んでおでこか後頭部に当てると脳の温度が下がって代謝が減速され、寝つきが早まるそう。 それでも眠れない時は・・・ それでも眠れない時には、目を閉じて人差し指で両耳を塞ぎ、鼻から息を細く吐きながら「ん〜」と頭に響かせます。これはヨガの呼吸法から得たリラックス方法で、精神的にリラックスが期待できるそう。 より良い睡眠を得るためには日頃から自分を労ってあげることが重要です。忙しい毎日の中で少しでも自分の時間を持って評価してあげる時間を作ることが質の良い睡眠に導いてくれそうですね。 Recommend Items

睡眠前のプロテイン摂取は効果的?

プロテインといえば、アスリートや体を鍛えている方が飲むイメージが強いですよね。 プロテインは人間が必要とする3大要素の一つ「タンパク質」のこと。このタンパク質は筋肉だけではなく髪や爪、皮膚などをはじめとする体作りの材料。酵素や免疫力の働きにも関係している人間にはなくてはならない要素です。 人間が1日に必要なタンパク質量は、特に運動をしていない人だと体重1kgあたり0.8kg~0.9kgとされています。(体重50kgの人なら40g~45g) お肉や魚などのタンパク質量はおよそ20%なので、毎日それだけの量を食事に取り入れるのは大変。そこで気軽に摂れるのがプロテインパウダーです。 プロテインの種類 プロテインパウダーにはたくさんの種類があります。全ての内容を理解してどれが自分に適しているかを見つけるのはとても大変ですが、大きく分けると3種類。 1:ホエイプロテイン  牛乳から作られるプロテインで吸収速度が高いことが特徴です。そのため筋肉作りに効果的一般的に販売されているのもこのホエイプロテインが多い。 2:カゼインプロテインホエイプロテインと同様牛乳から作られるプロテインですが、吸収速度がゆっくりなため腹持ちがよくダイエットにも活用されます。 3:ソイプロテイン大豆から作られるプロテインです。食物繊維が豊富なため吸収速度がゆっくりです。こちらもダイエットにも活用されます。 プロテインを摂るベストなタイミングは? 1:就寝前 就寝前にプロテインを摂るのが効果的な理由には成長ホルモンが関係しています。睡眠中に人間の体からは多くの成長ホルモンが分泌されています。成長ホルモンが活発に機能しているときにタンパク質を補うとさらに吸収を高めることができ、筋肉量を増やすことにつながります。 2:起床後すぐ 筋肉の痛みや体の疲れが朝になると無くなっているのは睡眠中の成長ホルモンやタンパク質おかげ。したがって起床時は体からタンパク質は無くなっている状態です。その状態でタンパク質を摂取すると効率的な体作りが期待できるのです。朝は何かと忙しくて食事にタンパク質をを取り入れるのはなかなか難しいのが現実。プロテインはそのまま水や牛乳に溶かして飲むのはもちろん、スムージなどに混ぜて摂取すると気軽に美味しくいただけます。 朝食には、ホームメイドのホエイパンケーキなど、ホームメイドのものを摂取するのもオススメ。自家製のものだと小さなお子さんでも食べるのも嬉しいですね。 プロテインは手軽に健康や美容を維持できるとっても便利なサプリメントです。夜の就寝前や朝食に是非活用してみてください。 Recommended Items